建設業で起業する経営者の日記

起業後の私の営業手法について

2017年04月11日 17時26分

こんにちは。今回は、私が行っている営業手法の基本的な部分をお話しします。

私は営業などしたこともなかったので、まず起業してからは営業の本を読み漁りました。
営業をしなければ仕事がないからです。
 

営業の本からの学び

本を読み漁っていくと、ある一冊の本がとても私には合うと思いました。

それは、建設業界とは違う業界の本だったのですが、
今でも非常に参考にしています。
その本の中で、さまざまな手法を複数並行してやるというのが書かれていました。
「大量行動」と名付けられたその行動方法に私はひどく感銘を受けました。

大量に行動し、それを続ければ必ず成果は上がるというお話しでした。
確かに、どれかがダメでもどれかが当たれば成果は上がります。

幸い、起業したばかりでモチベーションは大量に持ち合わせていましたので、
その日から行動を実行することにしました。

 

色々な手法を試した

それからというもの、手紙を書いて、お客様になってほしいとたのんだり、
電話をかけまくったり、様々なことを一度にやって見ました。

すると不思議なことに、ポツポツとお客様が出てきたのです。

こうやっていくうちに今では月商でいうと、1000万を超えるくらいまでになってきました。
建設業界ではまだまだ小さい方ですが、着実に起動に乗ってきています。

これもあのときあの本を読んだおかげじゃないかと思っています。

そのとき読んだ本についてはまた今度ちゃんと書こうと思います。
 

今の営業手法

今の営業手法は仕事を紹介してもらうというやり方を続けています。
ある程度顧客基盤ができたら、紹介してもらう方が、飛び込みやチラシ撒きよりも効率的です。

最初はこちらの集客ツールを使ったりして、チラシを撒くのも大事ですが、どこかのタイミングで紹介にシフトしてくのが良いと思います。


トップページ