建設業で起業する経営者の日記

初めて自社で不動産を持った時の話

2017年04月10日 01時40分

こんにちは。
今回は私が起業してから初めて不動産を取得した時の話をしたいと思います。
不動産を持っている人は読んでほしい記事です。
 

不動産は会社の資産になる

不動産というのは持っていると資産になるので、
経営者は持っている人がけっこう多いですね。

地価が上がってきていて、価格が頭打ちだと言われていたりしますが、
中には探せば明らかに割安な物件もあると思います。

そして、取得した不動産はいつか必ず売却を予定しています。
5割以上値上がりしたら、時期を見ずに売却をしたいです。

しかし、やはり不動産業者によって売却の値段に差が出ることも事実ですね。
売り手からすると少しでも高く売りたいというのが実情です。

そんなときに、あるツールを使えば高く売れる可能性が高いということがわかりました。
そんなあるツールとは不動産一括査定というものです。

 

不動産一括査定を使う

あまり知られていないかもしれませんが、
不動産一括査定というのは、複数の不動産会社に一括して査定を出してもらえるというツールです。

これを使うと他社と簡単に査定価格が比較できるので、
どこで売れば良いかがよくわかるという仕組みになっています。

不動産一括査定はたくさんある

ただ、問題なのは不動産一括査定サイトがたくさんあるので
どこを使えば良いか迷うということです。

なので私が将来売却する時のために徹底的にどのサイトが良いのかを調べました。

すると、イエイというサイトが圧倒的に良いということがわかったのです。

イエイの一括査定 評判は?

上のサイトにも書いてますが、
しつこい業者を排除した非常にクリーンな査定をすることができる唯一のサイトが
このイエイです。

売却時に高い値段で売るのには、納得できない価格であれば断るときにははっきり断るという強い意志が必要ですが、
そういう意志のない人は特に、このイエイの安心な査定をするのが良いのではないかと思います。

おそらく後3年くらいは地価は上昇すると見込んでいるので、
そのあとはこのイエイを使って綺麗に売却する予定です。

経営者の日記トップへ